教習と合宿

教習と合宿

管理人 No Comments

教習所で修了試験まで取得する方法として通学と合宿の2つの方法があります。通学の場合は、教習所に通い必要なカリキュラムをこなしていきます。本人主体で空いてる時間を利用して講習を受けていくことになります。

一報の合宿は教習所が指定する期間に集中して講習を受けていきます。朝から晩まで教習所に缶詰となり、ひたすら講習を受けることになります。通学の場合は、修了するまでに最短で1ヶ月半を要しますが合宿の場合は、2週間です。大きな違いはそこですね。

それでは各々のメリットデメリットを見ていきましょう。まずメリットから。通学の場合は、自分のペースでこなすことができますね、空いてる時間を見つけて少しずつこなすのでじっくり勉強することができます。一方の合宿は、なんと言っても2週間で修了できるということです。早く免許が必要な方には良いですよね。また、通学に比べると合宿免許は割安価格で運転免許を取得できるのも魅力の1つです。

それではデメリットです。通学はスケジュールが組みにくいということです。繁忙期など生徒が多い場合はなかなか講習の時間の予約ができません。そうなると1ヶ月半がどんどんと延びてしまいます。一方の合宿は、集中してやるわけなので詰め込み式なので定着率が悪いです。

免許を取るには

管理人 No Comments

電車や飛行機も良いけど、やっぱり車。交通網が発達すると、国内であれば日帰りでの行き来が可能になり、なんだかせわしく旅行をしがち。しかし、そんな時間に縛られるばかりでなくたまにはのんびり、気ままにドライブ旅なんていかが。車の良いところは、自分で気ままに行きたいところにいけること。それに、時間を気にすることなく行動できますよね。

さて車の免許を取得するには、幾つかのステップを通らなければいけません。王道のパターン(教習所)で説明しましょう。まず教習所では、講座(座学)と技能講習を受けていきます。免許取得に必要な知識と技能を身につけていきます。決められている時間の講習をそれぞれ受けていくことになります。そして必要な講習を受けるとまずは仮免試験。筆記、技能どちらも試験を受けます。これをパスすることで仮免許の取得ができます。そしてまた講座を受けると次は修了試験です。これにパスしないと教習所を卒業できず、本免許の取得ができなくなってしまいます。修了試験も筆記と技能です。晴れて修了試験に合格したら、ようやく免許センターで行われる本免許の試験を受けます。

ここでの試験は筆記だけです(教習所を卒業した場合)。運転免許取得の条件は、18歳以上であることで、学歴などは一切不問です。

車離れに負けるな、運転免許を取ろう

管理人 No Comments

昨今車離れを聞くようになりましたね。それは一体なぜでしょうか。

まず趣味で車を持つ人が減りました。車イコール、アイデンティティのような風潮があった昔とは違い、若者世代には、”おじさん臭い””バブル”の象徴と捉えられてしまい、カッコイイからなんかダサイというように変わってきています。その世代とは思考が違い、割と現実的な若者は、機能重視なのかもしれませんね。

それに車は高い。中古車や車種にこだわらずに本体を手に入れたとしても維持費が高いですよね。車は買って終わりではなくなく、メンテナンスや保険、駐車場など諸々の費用が定期的にかかってしまいます。維持するだけでも大変です。ましてや都心ともなれば駐車場代が高いですし。これらを踏まえるとやはり、所有するにもある程度の安定した収入が必要になります。

そして昨今では、交通網が発達し、少々の郊外であれば電車やバスで行き来が簡単にできるようになりました。移動手段に自家用車を選ばなくても、電車で充分と思えてしまいます。また都心に行けば行くほど、渋滞に悩まされ、数時間駐車場にとめるだけでも結構な金額がかかってしまいますし。そんなこんなな理由で車離れが増えてきてしまっています。

がしかし、とはいえ、車を趣味にしてドライブは、電車と違って自分で自由に行動できますし、日本中どこでも道のあるところは走行できるわけなので、行動範囲が格段に広がります。運転免許を取ってまだ見ぬ自然を見たり、少人数でワイワイする旅も良いものです。